「私たちとの「学び」の機会を通じて、共に成長していきたい。」
皆さんとの出会いを楽しみにしております。

アドミッションポリシー(研究科が望む学生像)
研究科では、次の3点に合致する方が門をたたくことを望んでいます。
  1. 「大学・学校づくり」のコンセプトに関心をもつ人
  2. 問題解決のための科学的実践知を教育現場に導入する熱意を持つ人
  3. 持続的に学び続ける意志をもつ人
  名称 名城大学大学院 大学・学校づくり研究科 大学・学校づくり専攻
(修士課程)
  英文名称 Graduate School of Professional Development for Educational Design and Management
  入学定員 10名
  授与学位 修士(教育経営)

有職者への配慮
昼夜開講制度採用
本研究科においては、教育と経営の双方の営みを理解し、行動できるプロフェッショナル人材の養成を主眼としていることから、主な受け入れ対象は「社会人」を想定しておりますが、これから社会人として教育界をリードしていく新卒者のみなさんも広く受け入れることとしています。 本研究科は、職務遂行上の課題に対する問題解決能力の養成と更なるスキルアップを図るものであることを勘案し、「昼夜開講制度」を導入しています。
授業時間
1時限  9:10~10:40
2時限 10:50~12:20
3時限 13:10~14:40
4時限 14:50~16:20
5時限 16:30~18:00
6時限(3単位科目) 18:30~20:45
6時限(2単位科目) 18:30~20:00

科目等履修生制度

既に多くの方が、入学前に科目等履修生として授業に参加し、数科目を履修後に大学院へ入学しています。科目等履修生として認定された単位は、10単位を上限として、入学後の修了要件の単位として認定されます。
これにより、特に修士1年時の学習量を分散することができ、多忙な有職者でも余裕を持って学習・研究に取り組むことができます。


なお,科目履修を希望の方は,原則として1年次開講科目へお申し込み下さい。2年次の統合科目群は,1年次のプロジェクト科目群を前提とした設計をしております。
ただし,1年次科目を科目履修生として履修した方は,2年次科目の履修も認められる場合があります。その際は,申し込みの前に科目担当教員へ受け入れの可否についてご相談下さい。