『大学・学校づくり研究』第4号(2012年3月2日発行)

  【論稿】
  中村 康生「総合行政によるまちづくりと社会教育の課題 -高浜市を事例に-
  高橋 望「公立学校教員のパフォーマンス・マネジメントの実際とその特質
     -ニュージーランドを事例として-」
  難波 輝吉「「使える」IRの基盤づくりを目指す実務的考察
     -米国IR視察から学んだことを参考に-」
  高橋 望「学校組織における「新たな職」をめぐる論点の所在 -主幹教諭を中心に-」
  木岡 一明「高知県公立小・中学校における主幹教諭配置の初期的実態と問題の所在
     -教職における「新しい職」の確立過程に関する前提的整理-」
  浦田 広朗「改革期における大学教員の仕事時間配分 -1992年と2007年の比較分析-」
  中島 英博「大学職員の業務と育成の特徴に関する実証分析-」
  【シンポジウム記録】
  星野 芳徳「高浜中学校における学校経営実践」
  岸本 和行「教育委員会制度は不要なのか? ―教育長経験に基づいて―」
  日渡 円「教育長の能力育成と学校」
  【フィールドワーク報告】
  鶴田 弘樹・韓 慧英・遅 涵・森山 智香子・鷲見 恵美・張 蕾・各務 佳子・横井 克典
「台湾における初中等教育及び高等教育の質保証に向けた取り組みについて」
  志村 知美・花原 大輔・董 哲・薩如拉
「地方の中小規模大学における「現代の大学づくり」の研究
 ―当たり前のことを当たり前に続ける力を考える―」
  【修士論文要旨】
  江坂 秀晃「近年における学童保育事業の変化と今後の在り方
     ―「全児童対策事業と一体化した学童保育」との比較検討から―」
  武田 明「大学における医療専門職教育に関する研究
     -臨床工学技士の資格取得支援体制構築に向けて-」
  藤井 玲子「大学事務組織における課長級職員の人材育成役割に関する研究」
  若山 正代「看護系大学を拠点とした看護実践活動の戦略的価値」
   

 

»一つ前へ戻る